身体を温める工夫|低体温を改善する手段|女性に嬉しい効果がたくさん
ウーマン

低体温を改善する手段|女性に嬉しい効果がたくさん

身体を温める工夫

婦人

免疫力を下げない

遠赤外線、紫外線、放射線などは電磁波の一種になります。紫外線や放射線は人体には良くないものですが、遠赤外線は人体に有効なものになります。太陽から遠赤外線が降り注がなければ生命が育たないといっても良いほど重要と言えます。遠赤外線自体には熱を発するものではなく、遠赤外線を受け生命が吸収すると細胞が活発に活動をすることで熱が生まれます。遠赤外線の効果では血行の促進と基礎体温を上げることが言えます。体温と血行がよるなることは、体に溜まった老廃物を排出したり、抵抗力に関係してきます。遠赤外線は体の深い所から温める効果が期待でき、芯から温まることで改善に役に立つと言うことになります。体の芯温度が1度上がると、免疫力が40パーセント上がると言われます。

基礎体温が重要

遠赤外線による基礎体温を上げることで、冷え性の改善にも効果があります。日本の女性では冷え性の人が多い状態になります。体が冷えている状態は、女性特有の症状を起こしやすくなります。改善をすることで生理不順や不妊の予防にも期待ができます。また、基礎体温の向上は内臓の働きを良くするので便秘の改善や血行が良くなることで、肩こりや腰痛の緩和にも期待できます。体が冷えている状態では免疫機能が低下していることです。この状態は活性酸素の量も増え、疲労の回復も良くなくなり倦怠感が多くなります。遠赤外線は体の深くから温めるので免疫力、血液循環、老廃物の排出、自律神経の調整など体のすべてに作用します。深部から温めるので保温効果も持続するのが特徴です。