女の人

低体温を改善する手段|女性に嬉しい効果がたくさん

冷え性は万病の元

マグカップ

現在では運動不足やクーラーの使用で冷え性になりやすい環境にあるため、温活が必要とする人が多いです。その温活では食事面から見直す必要があり、ビタミンB類とミネラルの摂取も大切です。特に女性は生理があるのでミネラルが失われがちです。

もっと読む

体を温めれば生活が変わる

女の人

冷えは万病のもと

本来、人の体温はだいたい36.5度くらいが適正な温度と言われています。しかし近頃ではそれより低い体温の人が増えており、35度や中には34度くらいしかない低体温とされる人も多くみられるようになっています。低体温になると免疫力が下がり、風邪などの病気にかかりやすくなります。また、肩こりや生理不順、自律神経の乱れなどにつながることもありますし細胞の働きも悪くなるので肌の老化も招きやすくなります。代謝も悪くなるので太りやすくなったりもします。しかし落ち込むことはありません。低体温は元々の体質などではないのです。きちんと向き合えば改善できます。体温が1度上がれば体に変化を感じることができることかと思います。

生活習慣を見直そう

そもそも何故低体温になるのでしょうか。おおよその原因は生活習慣にあります。食生活・運動不足・ストレス・冷暖房に頼りすぎる生活・無理なダイエットなど、日常生活の中に改善すべき点がきっとあるはずです。例えば食生活においては冷たい食べ物や飲み物などを少し控え、なるだけ旬の野菜を食べましょう。夏の野菜などは体を冷やす効果がありますので冬に食べると冷えの原因にもなります。また、朝や就寝前などに白湯を飲むのも効果的です。筋肉のもとになるたんぱく質を摂るのもいいでしょう。食べないダイエットを繰り返しがちな人はビタミンやミネラルが不足している可能性があるので、亜鉛・マグネシウム・鉄分などを積極的に摂るように心掛けてみてください。それから時々は無理のない程度に運動しましよう。歩くのもいいですし、簡単なストレッチでもかまいません。そして夜はゆっくりと湯船に浸かりましょう。ゆっくりと体を温めると自律神経の乱れを改善させるのにも効果があり、リラックスして良い睡眠につながります。このように、日常のちょっとしたことで低体温は改善できるのです。

身体を温める工夫

婦人

現代の生活は、一年中エアコンなどで体が冷えやすい状態になります。冷えた状態が多ければ免疫機能が低下して、不調を感じることもあります。遠赤外線はからだの中心から温まり、保温効果も持続する効果が期待できます。

もっと読む

こりは生活習慣から

主婦

肩こり解消には血流を改善してくれるウォーキングがお勧めです。歩くだけで全身のこりが解れる人気の運動です。足や腰に痛みがある時には、無理をせず軽いストレッチを行います。肩こりには首の下から肩甲骨辺りまでの筋肉を動かすと効果的です。

もっと読む